大豆などに含まれるイソフラボンは女性の強い味方

最近は、イソフラボンという栄養素の名前もずいぶん定着してきました。簡単に言うと、大豆などに多く含まれる栄養素で、女性ホルモンに似た働きをするのです。つい、忙しいと簡単に食事を済ませたりしがちなのですが、ストレスが強い生活や不規則な衣生活をしていると、若い女性でもホルモンバランスを乱しがちです。将来的に妊娠を考えている女性や、美しくありたい女性たちにイソフラボンは注目されています。女優さんでも、なるべく毎日豆腐や納豆を食べるようにしている人は多いそうです。特に、発酵食品であり安価で食べやすい納豆は栄養と効果の点でもお勧めです。納豆なら、一日1パックくらいの量が目安です。元々、大豆のような植物性タンパク質を上手に取り入れていたのが和食かもしれません。というのも、キッチンに常備している人も多い高野豆腐も良質なたんぱく質にイソフラボンを含む食材です。他にも豆腐や豆乳、もちろん大豆をそのまま煮る料理も女性にお勧めです。20代や30代初めの、更年期にはまだ早いと思っている世代にもイソフラボンを多く含む食材はお勧めです。肌や髪がつやつやしたり、女性ホルモンが活発になることで内側から美しくなることができます。ミス・ユニバースにも栄養指導をしているエリカ・アンギャルさんなど、美しくなるには食べているものも重要だと説いていますが、肌や髪を作るたんぱく質だけでなく、ホルモンバランスにも良い材料が食事でとれると良いのです。たんぱく質にイソフラボンの両方がとれるとなると、大豆製品はまさに女性の美をサポートしてくれる食材といえます。


最近、サプリメントなどで美容に良い成分を効率的に摂取する人が増えました。成分に期待するあまり、自然な食事では難しいくらいの量を過剰摂取することで、副作用も報告されているようです。しかし、イソフラボンを含む豆を使った料理の歴史は古く、サプリメントもメーカーの規定量を守り、過剰な大豆製品の食べすぎをしなければ健康に良い栄養素です。しっかりと大豆製品を食事から口にすることで、骨粗鬆症の予防にもなるといわれています。更年期障害の症状を和らげるといわれていますので、のぼせなど、病院へ行くほどではなくてもまずはコツコツと大豆製品を食事にプラスしてもよいと思います。イソフラボンは、科学的な構造が女性ホルモンのエストロゲンに似ているので、体内でも似たような働きをします。女性の体も色々なストレスにさらされていますので、たくさん食べてしまいそうな時もあると思います。もし、外食でも自宅の食事でも「あと一品」で迷ったら大豆製品を選ぶのも良いと思います。美しい女優やモデルたちも、ブログで大豆製品を使ったレシピの料理やランチを紹介しています。適切な食事量で、美しくありたいなら女性ホルモンに似た働きをしてくれる食品を選ばないのはもったいないくらいです。不調があれば、病院に行くことで不安は解消できる場合もありますが、日常的にできるケアとして食事に配慮することは必要です。大豆製品は肉類との相性も良いので、がっつりしたレシピにもできますし、枝豆をおつまみにするのもお勧めです。自炊や外食で賢く大豆食品を取り入れて健康な毎日にしたいものです。

波動スピーカー

波動スピーカー